全編ワンカット撮影の映画は他にもあるのか?

全編をワンカットで撮影するという画期的な手法で注目を集めたヴィクトリア(Victoria)ですが、ヴィクトリア(Victoria)以外にも全編ワンカットで撮影した映画というのはあるのでしょうか?あまりそんな話は聞きませんよね。

ワンシーンをかなりの長回しで撮影したという事が話題になるような有名な映画はいくつか思いつきますが、全編ワンカットというのはやっぱりかなりの難易度でしょうし、だからこそヴィクトリア(Victoria)が注目を集めたのでしょう。

他に全編ワンカット撮影の映画を調べてみると、一つ見つけました。

「サイレント・ハウス」という映画ですね。僕は知らなかったんですが、これは結構有名な映画なんでしょうか。

元々はウルグアイで制作された、実話を元にした映画のハリウッドリメイク作品みたいですね。

■公開日 :2011年
■上映時間:85分
■監督  :クリス・ケンティス、ローラ・ラウ
■キャスト:エリザベス・オルセン、アダム・トレーズ、エリック・シェファー・スティーヴンズ、ジュリア・テイラー・ロス

 

ジャンルは、ホラー・サスペンスのようで、「ワンカットで撮影された実験的な作品」という風に紹介されているようです。

カメラマンがいないPOVのようなカメラワークで、自分が操作しているゲームのキャラクターを背後から映したような撮影方法という比喩で表現されているのが分かりやすかったです。

ヴィクトリア(Victoria)ほど評価は高くないようですが、同じ全編ワンカットで撮影されているので、どのような違いがあるのか比較する上でも是非一度観てみたい映画だと感じました。

主人公サラを演じるエリザベス・オルセンの演技が素晴らしいという口コミも多いようです。

でもホラーはあんまり得意じゃないのでちょっと怖そうですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です