ベルリンの街についてpart3

またまた引き続き、「ヴィクトリア」の舞台であるベルリンの街についての魅力を覗いていきたいと思います。

まずは「ベルリン中央駅」です。

シュプレーボーゲン公園という大きくて有名な側にあるヨーロッパ最大と言われいてる巨大なターミナル駅です。

国際列車の路線も多く、パリやアムステルダルなどのヨーロッパ主要都市と繋がっているので、かなり便利な駅なんですね。

また、巨大ターミナル駅だけあって、駅の中でのショッピングも楽しめるようなお店が沢山あります。

日本とは違い、ドイツは日曜日になると街中のデパートやスーパーが閉まってしまうんですよね。

なので街中では週末に買い物ができないんです。

ただ、ベルリン中央駅に入っているお店は日曜日も開いているんですよね。だから週末でもショッピングを楽しむことができます。

レストラン、カフェ、洋服店などあらゆるお店が充実しているので、多くの観光客がショッピングを楽しんでいますよ。

さて次に「ポツダム広場」です。

ここは多くの市民が集まってくるベルリンの中心地であり、とにかく色んなお店が充実しています。

ショッピングセンター、映画館、レストラン、ブティックなど何でもあるという印象ですね。

かつて、ヨーロッパ経済の中心でもあったポツダム広場は、冷戦時代に東西分断の時に封鎖されてしまい、無人の広場となっていたんです。

しかし現在は再開発が進んで、多くの市民で溢れかえるような賑やかな広場に様変わりしました。

近未来的な雰囲気を感じさせるまでに変化したポツダム広場は、ベルリン近郊都市であるポツダムの名前が由来となっているようです。

食事もショッピングも何でも楽しめる場所ですよ。

さて次に、「蚤の市」ですね。

蚤の市は、ヨーロッパ各都市で教会などの広場前で開かれる日本でいうフリーマーケットのようなものですね。

ベルリンに限らず、ヨーロッパの各都市では蚤の市がよく開かれているのです。

蚤の市はドイツ語では「フローマルクト」や「トローデルマルクト」などと呼ばれています。

ベルリンでは週末になると各地で蚤の市が開かれいて、本当に多くの人で賑わっているんですよね。

味わい深い食器や雑貨など、思いもよらないような掘り出し物が見つかったりするのが蚤の市の楽しいところですね。

屋台も出店されているところも多く、買い物だけじゃなく地元の食事も楽しめるということで、観光者にも人気を集めていますよ。

ベルリンに行った際には、是非とも蚤の市にも顔を出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です