ベルリンの街について

「ヴィクトリア」の舞台であるベルリンの街について、ここでは見ていきたいと思います。

ヴィクトリアを観ると、ベルリンに行ってみたいと思う人は多いんじゃないでしょうか。

知っての通り、ベルリンはドイツの首都であり、人口も多い最大の都市ですね。

ベルリンの天候についてですが、一年と通して湿度が低く、そして降水量も少ないので、過ごしやすいと言われています。特に日本の夏と比較するとかなり過ごしやすいでしょう。なので、夏の6月から9月あたりが最も快適に観光できる時期かもしれませんね。

冬はヨーロッパ特有の厳しさがあります。氷点下10度を下回る日々もあるほど、ベルリンの冬は厳しいものがあります。

ベルリンには色々と観光地はあるんですが、やっぱり今でも一部が残っているベルリンの壁を観る為に訪れる人が最も多いのかもしれませんね。

ベルリンの壁は、シュプレー川沿いにその一部が残されているのです。

言うまでもなく、ベルリンの壁は東西冷戦の象徴的な存在で、第二次世界大戦敗戦後に東ドイツと西ドイツが分裂された際、東ドイツ政府によって突如として建てられた壁です。

ベルリンの壁が建築された事で引き裂かれてしまった人間関係なども多く、そのような人間模様が多く映画化されたりもしています。

そのように突如として建設されたベルリンの壁は、結局28年もの長きに渡って東西ドイツを分け隔ててきたわけです。

そのベルリンの壁が崩壊した後は、壁の多くが撤去されました。ただその一部は重要な歴史の一部を後世に残すための目的として保存されているわけです。

全長約1キロに渡って続くイーストサイドギャラリーに描かれた圧巻のアートはかなり人気です。

21ヵ国・118人のアーティストたちが描いた絵は、色々と考えさせられるものがあり、多くの観光客が訪れる場所になっています。

是非とも一度は訪れてみたい場所ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です